ビットフライヤー 仮想通貨

「取引所」と「販売所」の違いは何?わからない。教えてビットフライヤー

更新日:

仮想通貨の取引所と販売所の違いを教えてbitFlyer(ビットフライヤー)

質問

仮想通貨・暗号通貨の「取引所」と「販売所」では何が違うのですか?

答え

例えて言えば「取引所」は仮想通貨のオークション。「販売所」は仮想通貨を販売するお店にあたります。 

それでは詳しく見てみましょう。

 

仮想通貨の取引所とは

仮想通貨の取引所は、自分と相手との売買です。

取引所は需要と供給によって成立します。例えば、1BTC(ビットコイン)を100万円の時に0.5BTC(50万円分)買うと注文すると、その条件に見合った場合に購入できる仕組みです。

オークションと同じですね。間で仲介する仮想通貨交換業者に手数料を支払います。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は>公式サイトでご確認ください。

 

メリット・デメリット

販売所より高く売買できる。

手数料が安い。

△ 希望価格で売れない場合がある。

相場と異なる価格は売買が成立しない。

 

仮想通貨の販売所とは

自分と仮想通貨交換業者が運営する販売所との売買です。

仮想通貨交換業者(ビットフライヤーなど)と直接売買を行います。お店で品物を購入するのと同じで値札がついています。

すぐに購入できるので、急な値動きがあって急いで売買したい時に有利です。

反面、取引所で売買するより高値で買って、安値で売るため損をしやすいです。

 

メリット・デメリット

販売価格ですぐに売買できる。

大量の仮想通貨でも売買できる。

× 購入時は高く、売却時は安くなる。

 

利益を出すポイント

仮想通貨・暗号通貨の売買で少しでも多く利益を出すなら「取引所」での売買が基本です

まずはアカウントIDがなければ始まりません。

bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントIDを開設していない方は>公式HPから作成してください。

(※2018年6月22日以降、新規アカウントID作成は一時停止されています。)

明るい老後を目指し、無理のない範囲で投資を楽しみましょう。

 

詳しくはコチラ

 




-ビットフライヤー, 仮想通貨
-, ,

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.