ビットフライヤー 仮想通貨

外部送付したコインのキャンセル方法がわからない!どこで?教えてビットフライヤー

更新日:

質問

ビットフライヤー)で外部送付したコインをキャンセルするにはどうしたらよいですか?

答え

ログイン後の画面、サイドバー「入出金」>「送付申請中のコイン」欄に表示されている取引に限り「キャンセル」リンクから手続きします。

詳しく見てみましょう。




 

送ったコインのキャンセル方法

bitFlyer(ビットフライヤー)コイン送付キャンセル

 

ログイン後の画面です。左手「入出金」をクリックすると項目が表示されます。今回は「ビットコイン」を例にします。

赤枠から進んで、ビットコインを「0.001 BTC 外部送付」してみます。

外部送付が完了すると、薄緑のラインに「0.001 BTC のビットコイン送付を承りました。」と出ます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)コイン送付キャンセル

「キャンセル」ボタンは、その右下にあります。

 

キャンセルする時の注意点

注意点は「トランザクションID」と「注文ID」の確認と同じです。

ビットフライヤー「トランザクションID」と「注文ID」の調べ方【簡単なのに複雑な理由】

  質問 bitFlyer(ビットフライヤー)の「注文ID」と「トランザクションID」の確認方法を教えてください。 答え パソコンでログイン後の画面、左サイドバー「お取引レポート」>「入出金 ...

続きを見る

 

キャンセルできるのはパソコンのみです。

アプリではキャンセルできません。

 

公式サイトのFAQにも「アプリでできない」と書いていないので、わかるまで、けっこう時間がかかりました。

「トランザクションID」と「注文ID」の確認もそうですが、どうしてできないのか不思議ですよね。こえばかりは不親切だなぁと思いました。

 

承認後はキャンセルできないって本当?

本当です。bitFlyer(ビットフライヤー)でコインを外部に送ると「承認待ち」になります。

「承認待ち」からブロックチェーンに乗ると、bitFlyer(ビットフライヤー)から出てしまってますので、キャンセルができません。

 

万が一、送り先のアドレスを間違えたとしても、コインを取り戻すことはできません。コイン送付はドキドキしますが、1つ1つ慎重に操作すれば大丈夫です。

 

不正送金対策はハードウォレットが有効

ところで、bitFlyer(ビットフライヤー)は、不正なコイン送付の補償をしません。

ご存知でしたか?

利用規約を見てもコインの補償はないようです。盗まれたら、打つ手がありません。

 

大切な資産を守るには、取引所に置くよりハードウォレットが安全です。利用していない方は難しいのでは?と思われるかもしれませんが、コインを不正に盗まれてから後悔しても遅いです。

 

もしハードウォレットを導入するなた定番のLedger Nano S (レジャー ナノSがよいです。

 

zaifでもおすすめしていますね。

Ledgerは、仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。

他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴のUSBトークン型ビットコインウォレットです。

ハッキングの心配もなく安全にビットコインを保管出来ます。

 

設定のハードルは高いかもしれませんが、こちらの動画を見ながら進めると簡単です。

 

中古や正規品以外の商品はウィルス感染など心配ですので、正規品を購入してくださいね。




-ビットフライヤー, 仮想通貨
-, ,

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.