婚活・恋活

婚活サイトで騙される危険性はないの?

更新日:

本人確認があったり、大手企業も参入しているインターネット上の婚活サイト。

気軽に利用できるのはよいのですが、悪いことを考えている人たちは、きっといるはず、という心配が消えません。

親として、無責任に娘たちに「婚活サイト使ってみれば?」というのもどうかと思いまして、いろいろ調べているところです。

ネットを見ていると、こんな事例がありました。



大手婚活サイトを利用した女性(20歳代)の体験談

 

結婚を前提としたお付き合いがしたいと思い、婚活サイトに登録しました。

出会った男性とサイト内で数回メッセージを交換した後、男性から、「より親密な会話をするため、サイト外のメッセージアプリで話さないか。」と誘われたのです。

メッセージアプリに移ると、自分の経歴など詳しい個人情報を伝えてきたので、当方もそれに応じて伝えました。

数回やり取りをした後、男性から「スマートフォンがウイルスに感染してしまった。

別のスマートフォンに代えるまでの間、このサイトでやり取りしよう。」と、URLが記載されたメッセージが届きました。

URLをクリックするとあやしい出会い系のサイトのようでした。

大手企業が運営している婚活サイトなので信用して登録したのに、変な相手に個人情報を伝えてしまい不安でいっぱいです。 (20歳代女性)

引用:東京都消費生活総合センター

信じて自分の個人情報を伝えてしまったため、悪用されないか、自分の身辺に嫌がらせや危険が及ばないか不安になる気持ちは理解できます。

相手が個人情報を伝えてきても、その情報が本当なのかウソなのかわかりません。

 

顔が見えない分、絶対に大丈夫と思うまで、個人情報は伝えない方がよいのですね。

 

悪い人も婚活サイトも利用する可能性がある

結婚するつもりがなく、単純に女性と付き合いたいだけの男性。

食事代のため、男性をお財布がわりに思っている女性。

人は悲しいことに善人ばかりではありません。婚活サイトに登録している人たちも善人ばかりではありません。

悪意を持った人も婚活サイトを利用している可能性があるはずです。

婚活サイトが誕生するはるか昔から存在する「結婚詐欺」という犯罪があります。

人の弱み(結婚したい気持ち)に付け込んでお金を貢がせる犯罪。

顔を合わせても騙されるのに、顔の見えないインターネットでどうやって悪意を持っている人を見抜けばよいのでしょうか。

 

お金の話がでたら要注意

例えば、婚活サイトで知り合った交際相手から

・お金を貸してほしい
・別のサイトでやり取りしたい

「お金を貸してほしい」はレッドカードで一発アウト。

「別のサイトでやり取りしたい」はイエローカード。出会い系サイトに誘導されて多額の利用料の請求が届く可能性が考えられます。

ルールからはずれていると感じたら、注意するに越したことありません。お付き合いも浅い段階なら丁寧にお断わりするか、思い切って連絡を絶ってもよいと思います。

そのためにも、安易に個人情報を教えてはいけないのです。

 

親しい間柄でもお金の貸し借りはご法度。ダメ、絶対!



結婚詐欺師の手口

出会って交際が深まると、数十万、数百万円のお金を騙し取られる場合もあるそうです。

そう、結婚詐欺です。

「いやいや、結婚詐欺にはひっかかりませんよ」と言っている人ほど危ないかもしれません。

何故なら、結婚詐欺師はお金を貸してと言う人、あきらかに騙そうとする人の言葉は見抜けます。

でも「結婚を約束してくれた人が困っている。(自分に)できることがあれば助けたい」という気持ちを利用されるとどうでしょう。

将来の夫(妻)と思えば、お金を渡して助けてしまうと思いませんか。

 

結婚すると信じていたらそうなるかも・・・

 

騙されたお金を取り戻すのは難しい

お金を渡した後、急に連絡がとれなくなって、そこで初めて騙されたと気づきます。

気づいた時は後の祭り。連絡がとれないのでなすすべがありません。

泣寝入りは悔しいので、お金を取り戻す方法を考えてみると3つくらい思い浮かびます。

・自力で相手からお金を取り戻す
・弁護士に依頼してお金を取り戻す
・警察に被害を届けて逮捕してもらう

一つづつ見ていきましょう。

 

◆自力でお金を取戻す

率直に言って無理でしょう。そもそも連絡がとれないよう逃げているのです。探偵を雇って探す場合、費用に見合う結果が残るかはなはだ疑問です。

 

◆弁護士に依頼してお金を取戻す

弁護士に依頼すると着手金から始まり、何から何までお金がかかります。行方がわからないなら居場所を探す必要もあります。

詐欺師に渡した金額にもよりますが、こちらも費用に見合う結果が残るか疑問です。

ほとんどの弁護士は、1時間いくらで時間を作ってくれるので、どうなるか相談したい人はそれもよいと思います。

 

◆警察に被害を届けて逮捕してもらう

これも無理ですよね。結婚詐欺からの殺人事件ならまだしも、「困っている交際相手のために、自らお金を渡している」状況です。

警察は証拠主義。確かな「だまされた証拠」がなければ動きません。

結局、騙し取られたお金は戻ってこないことが多いというわけです。

 

騙されてもお金はもどらないなら、結婚もご破算で二重にショック!娘たちに言い聞かせなくちゃ

 

まとめ 婚活サイトを利用する時の注意点

見知らぬ同士が顔の見えない状態からお付き合いをします。よいご縁を得るためにも、次の注意点を心に刻んでほしいのです。

 

出会いの注意点

・リスクがあることを忘れない
・個人情報を伝える際は慎重に
・お金の話が出たら要注意
・同情してお金を渡さない

 

「もしや騙されてる?」と感じたなら、婚活サイト会社に相談しましょう!

 




-婚活・恋活
-, , ,

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.