レビュー

高齢の親|何とかペイより電子マネーカードが安心!スマホQRコード不要キャッシュレス

高齢者には電子マネーカードがおすすめ
 

身体は元気。何でも自分でやりたい。

でも何かと忘れっぽくなってきた高齢の親には、現金チャージの電子マネーカードを渡しましょう。

 

交通系ならSuica、PASMOなどの交通系カード。

ショッピング系ならイオンWAONカード、イトーヨーカドーのnanacoカードがおすすめです。



政府がすすめるキャッシュレス化の大波

平成から令和に移行した2019年。政府は2025年までにキャッシュレス化40%まで引き上げる目標を立てました。

そんなこともあってか最近「何とかペイ」がやたら多いです。

 

「何とかペイ」の違い、わかります?

 

〇〇ペイがわからない。もはやどうでもよいレベル

主に「〇〇ペイ」と言っているものは「QRコード、バーコード」決済です。

代表的な何とかペイはこちら。

 

携帯電話会社系
「LINE Pay」「PayPay」「d払い」「au PAY」

ネット企業系
「楽天ペイ」「メルペイ」「Apple Pay」「Google Pay」

ベンチャー企業系
「銀行Pay」「Origami Pay」

 

どれかを導入するなら普段どこで買い物をしているのか、で判断すればよいでしょう。

 

楽天市場で買い物が多いなら楽天ペイ

メルカリしてるならメルペイとか

 

ポイント

○○ペイが多すぎてわからない

 

日本にキャッシュレスが普及しない理由

日本人は「現金払いが好き」だから「キャッシュレス」が普及しない、と言われますが、

「現金払いが好き」なのではなく、「クレジットカードが怖い」のではないかと思います。

 

年会費を払いたくない、クレジットカードの翌月払いやリボ払いが嫌い、知らぬ間にキャッシングしていて後から莫大な請求きたら怖い。

だから結果的に「現金払いが好き」なのかもしれません。

 

クレジッカードは上手に使えば便利でお得

しかしながら、クレジットカードは便利です。利用額に応じてポイントも貯まります。

 

高齢でもしっかりした親なら管理ができるのでクレジットカードはよいですね。

でも、ちょいボケが始まってしまった高齢の親には危険がいっぱい。

 

ちょいボケ気味のうちの親がクレジットカードを複数もっていたら、年会費のかからないクレジットカードに集約するか、いっそ解約します。

 

高齢者にはクレジットカードよりも現金チャージの電子マネーカードの方がよほどシンプルでわかりやすいですね。

 

もしクレジットカードが必要なら楽天カードでよい

どうしてもクレジットカードが必要なら、どんどんポイントが貯まるので楽天カードが一押し。

楽天市場や楽天証券など楽天経済圏を上手に利用するとかなりお得です。

もちろん年会費なし。楽天カード以外はいらないくらい。

 

楽天カードを作る際も本人確認書類を郵送するなどの面倒がありません。

新規開設とカード利用で5000ポイント(5000円分)もらえます。

 

ポイントがたまるカード

 

高齢者に○○ペイのQRコード決済は向いていない

一見、便利そうな「○○ペイ」ですが、高齢者には厳しそう。

 

最近はらくらくフォンの普及もあり、高齢者のスマートフォン利用は増えています。

単純に電話する、メールを見るくらいならまあまあできる。

でも「QRコード決済」となると、一気にハードルがあがる。

 

なぜなら、そもそも「QRコード決済」理解していない。決済するのにひと手間かかるから。

 

QRコード先進国の中国では偽物QRコードを読み込ませるなんて詐欺も報道されてます。

オレオレ詐欺ではないですが、だまされやすい高齢者に便利だからというだけですすめるのはこわいなぁと思います。

 

ポイント

高齢者にQRコード決済は不向き

 

高齢者には電子マネーカードがおすすめ

高齢者が現金を持っているとあれこれ心配のタネが付きません。

キャッシュレスは現金を持ち歩かないので安心と言えば安心。

ですが「○○ペイ」や「クレジットカード」はおすすめできない。

 

となると、高齢者によいカードは、ズバリ!「電子マネーカード」が最適です。

 

交通系ならSuica、PASMOなど

ショッピング系ならイオンカード

イトーヨーカドーのnanacoカードが使いやすいですね。

 

電子マネーカードのメリットは

  • 家族が現金をチャージして渡せる
  • チャージ金額に上限がある
  • 万が一紛失しても被害額が抑えられる
  • 電子マネーのポイントがつく
  • スーパーのレジで小銭を探さなくてよい
  • ヘルパーさんに買い物を頼みやすくなる
  • 利用明細がチェックできる
  • 銀行ATMから現金を持ち帰る危険がない

 

電子マネーカードなら高齢者でも充分使いこなせます。

交通系カードならこれ一枚でお出かけして、買い物もできます。

Suica、PASMOは利用できるお店も多いですよね。

 

WAONカードなら散歩がてらイオンにお出かけ。

店内回り、お買い得の食品を買い、小腹がすいたらフードコートで軽食を食べるなんてこともカード1枚でできます。

 

チャージ金額以内でしか使えないので安心。

スマートフォンを使う「QRカード決済」よりも断然ハードルが低いですよね。

 

デビットカードは少し不便、ちょっと不安

電子マネーカードと似ているカードに「デビットカード」があります。

種類はクレジット会社系のVISAデビット、JCBデビット、ゆうちょ銀行のJ-デビットなどなど。

 

使い方は、買い物をしてお支払いの時に直接銀行口座から引落。

この点がチャージタイプの「電子マネーカード」との違いです。

 

また「デビットカード」はクレジットカードと違い分割支払いができません。キャッシングもできません。

 

銀行口座から即引落なら高齢者にも安心かといえば、不安もあります。

なぜなら、口座残高分の買い物ができてしまうから。

 

ですから、親にちょいボケの傾向が見えたら、現金チャージの電子マネーカードを渡した方が安全でというわけです。

 

親にはいつまでも元気でいてほしいですが、きたるべき認知介護の覚悟もしておかなけばなりません。

寂しいですが、現実は受け入れないといけないなぁと思っています。

 

「〇〇ペイ」ならPayPay一択

それでも「〇〇ペイ」を使うなら、コンビニやドラッグストアなど使える店舗が多い「paypay」がおすすめです。

 

調べるならここから

 

申し込むなら↓↓から

Copyright© びびあんジャーナル , 2020 All Rights Reserved.