コインチェック 仮想通貨・お金

これで終焉?580億円分流出NEMがダークウェブ経由で全額交換【コインチェック】

更新日:




2018年1月26日。

コインチェックのNEM580億円分の流出は、仮想通貨業界に激震をもたらしました。



 

コインチェック580億円分のNEM流出から補償まで

発覚直後夜は、仮想通貨市場が急落。

全体の時価総額は一時、約10%も縮小し6兆円超が失われたとも言われています。

 

 

その後、紆余曲折ありましたが、1XEM(NEMの通貨単位)当たり88.549円で補償すると報道され、仮想通貨取引所が26万人、総額460億円を補償できる巨額の資産を持っていたことに驚いたものです。

 

コインチェックNEM保有者には、2018年1月26日午後11時59分59秒時点での保有分に応じて、コインチェック・アカウントに日本円で返金するとアナウンスがありました。

 

 

実は、私もコインチェックでXEMを持っていました。確か1XEM110円前後で購入したと思います。

しばらくぶりにログインしてみるとXEMが売られ日本円に変わっています。

今、NEMの価格は30円(2018年3月)ほどなので、儲かったのか損をしたのかよくわかりませんが、私のNEMも流出したのかぁとじみじみ思いました。

流出したNEMはどうなったのか

※ダークウェブ上の仮想通貨交換サイト

不正に流出したNEMは、仮想通貨「DASH」との交換または「ダークウェブ」と呼ばれる闇サイト、匿名ネットワークで交換する方法で資金洗浄を試みていると言われていました。

NEMのメッセージをつけて送金する仕組みを使って、日本語のメッセージを送っていたことから、犯人または犯人グループに日本語が理解できる人がいるかもしれません。

 

仮想通貨取引所「Zaif」に盗まれた約2260万XEM(約8億円分超)が流入していることもあり、ますます犯人または犯人グループは日本になじみがある可能性はとても高いのではないでしょうか。

 

決済プラットフォーム「CoinPayments」経由でモザイク消し他の通貨と交換されているということですが、「Zaif」は資金洗浄・マネーロンダリングに利用されていることになります。

技術的なことはわかりませんが、多くの人が盗まれたNEMを追っていましたので、流入を止めることは難しかったのでしょう。

いろいろ考えさせられる出来事でした。

 



NEM財団の追跡終了のお知らせ

参照:NEM Official

 

NEMの推進団体「NEM財団」が、流出した当初からマネーロンダリング、換金の動きを封じ込めようとタグをつけたり行方を追跡してたりしましたが、分散が止まらず、財団は「今月18日に追跡を停止した」と発表しています。

 

流出の当初は、目印がついているので追跡できるのかなと思いましたが、あまりに拡散されたこと、匿名性の高い仮想通貨であることなどから限界があったかもしれません。

 

 

これで終わってしまうのでしょうか。この事件をきっかけに仮想通貨業界がより成熟してゆくことを願ってやみません。

 




-コインチェック, 仮想通貨・お金

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.