娯楽・趣味

香港ミニチュア展 2017/9/29-10/9

更新日:

とっても楽しみにしていた香港ミニチュア展。ついに見学することができました。

場所は東京駅JRタワーKITTE marunouchi1階アトリュウムです。

twitterでも#香港ミニチュア展のツィートがたくさん流れていてなかなかの評判でした。その評判通り、作品はどれも素晴らしく見ごたえのあるものばかりでした。

開催期間:2017/9/29(金)~10/9(月・祝)

主催:香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部

後援:香港政府観光局

 

香港ミニチュア展を実感いただくため、公式動画をお借りしました。

1つの作品をつくるにも何カ月もかかるそうです。

一番驚いたことは、小さなミニチュアの世界に動く要素を入れ込んでいることとでした。

実際に見学した際、テレビがある作品では、ちょうど日本の昔のドラマ(キーハンターかGメン75?)が映像で流れていて懐かしかったです。

twitterに作品展の動画が上がっていたのでお借りしました。会場の雰囲気や作品の大きさが伝わりってきます。よろしければご覧ください。

 

それはそれは細かくてどれも精密な作品たち

香港ミニチュア展の作品は、どれも細かく精密で精巧。小さいな箱の中に、香港の日常が、人々の息遣いが感じらえるほどでした。

東京のみの開催だったので、せめてあと数か所、場所を変えて開催してほしかったです。

見学しながら200枚以上写真をとりました。まだ全部の写真を整理できていません。一部ですが、ご紹介いたします。

 

羅記皮鞋(靴職人の生活)陳翠薇

 

金記潮州打冷店(潮州料理の専門店)李嘉蓮

 

老三雑貨店(観物と調味料店)李嘉蓮

 

香港髪廊(昔懐かしい理髪店)黎熾明

 

香港冰室(伝統的な香港式カフェ)黎熾明 他2名

 

金藝茶坊(伝統的なお茶を楽しむ店)

 

港式大牌檔(道端の屋台)黄曼萍

 

喜樂士多(駄菓子屋)

 

老金山貨店(農業と漁業が主体だった頃の荒物屋)李嘉蓮

 

舊式茶樓(レトロな飲茶楼)陳慧姫

 

その他

 

まとめと感想 香港ミニチュア展

日本人は手先が器用と言われますよね。日本にも黎熾明(トニーライ)さんに負けずと劣らず、ステキなミニチュア作品を制作されている方々がいらっしゃいます。機会があれば作品展に伺いたいです。

香港ミニチュア展はとてもよい思い出になりました。




-娯楽・趣味
-, ,

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.