ダイエット 健康

【アルコール・運動】金森式 牛脂ダイエット 糖質制限 高脂質でやせるFAQ④

更新日:

男性なら晩酌や仕事上の付き合いでお酒を飲む機会が多いと思います。

金森式・牛脂ダイエットは糖質の高いアルコールはNGですが、蒸留酒ならOKとなっています。

金森重樹さんはもちろんのこと、モニターさんも毎日ようにお酒を召し上がっていも順調に体重が落ちているようです。

こんなうれしいダイエット法が今まであったでしょうか?




アルコール

Q:どのアルコールがダメなのか教えてほしいです!

ウイスキー、ジン、ウオッカなどの蒸留酒以外はNGです 割材にシロップが入ってますのでサワーもNG純粋な焼酎ならok ウーロンハイ、緑茶ハイOK シャンパンOK

 

Q:強いお酒たくさん飲んで大丈夫なのでしょうか。

僕は脂肪肝がこのペースで飲みながら逆に治りました。過栄養脂肪肝でした。

 

Q:食事中のお酒は、どうして危ないのですか?

胃液の分泌を促進して食欲増進させるから アペリティフは食欲増進のためにありますね 。満腹ホルモンのレプチンを減少させる効果もあります。

既に胃が満腹なのに飽食シグナルのが出るのが遅れれば過食となります。身体は腹一杯だと感じてても、脳が満腹感を感じないからですね。

 

Q:アルコールの飲み方

僕が食事をするときにはお水かお茶、お酒を飲むときにはつまみをとらない。食中酒をしないのはレプチンが関係しています。

レプチンは脂肪細胞によって作り出される飽食シグナルですが、視床下部にある満腹中枢に作用して食欲を抑えます。

アルコールは満腹ホルモンのレプチンが出るのを抑える作用が。レプチンの濃度が低下するとは食欲が亢進するということ。

だから、居酒屋でアルコールを飲みながらアラカルトを頼むと食欲がでて本来必要ないものまで注文してしまう。食中酒をしない、のはこのためです。

 

Q:レプチンのタイムラグとは?

レプチンが出るのは食事開始から20分後。僕がディナーとバータームの場所を変えるのはこのため。この段階で 「胃袋は本当は一杯だけど脳はまだ満腹を感じてない」タイムラグはあり得る。移動時間で脳もレプチンで満腹になれば、つまみの過剰摂取にはならない これがポイント。

 

Q:飲酒マイルール

1.食事のときには水かお茶

2.お酒は場所を変えてバーで飲む (僕はカシータかホテルのバーでテキーラハイボールですよね)

3.飲むときにはつまみをとらない

4.気ままなアラカルトは摂らず必ずコースで食前に決める 食中酒をしないのは飽食シグナルのレプチンが抑制され食欲が暴走するから

 

Q:糖新生

飲酒して寝るので就寝から朝までは血糖値が低い。アルコールが優先して肝臓で分解されている間は糖新生が抑制される。

糖新生とは糖質以外の物質から肝臓がグルコースつまりブドウ糖を作り出す経路のこと。

 

Q:飲酒のメリットは?

お酒は糖新生が抑えられて血糖値が低くなるメリットも 。僕もウイスキーやテキーラ、ジンは飲みます。飲むことは否定してないです。

食事後少し経ってレプチンがでます。腹八分目のつもりがレプチンのタイミングがずれると満腹になってたりします。その後にお酒だけ飲めばつまみ欲しいとはおもいませんので。

 

 

運動

Q:以前モニターさんへのコメントでも運動したら血糖値が上がると仰っていました。9/2に金森さんのツイートに「激しいアクティビティ」のお話も出て来ます。ランニングが体に悪いとして、ウエイトダウンするにはどのような運動が効果的なのでしょうか。 運動についてのご見解を参考にさせていただきたく。

ウエイトダウンと運動関係ないです。旧石器時代の人も長時間のランニングとか絶対してないですし、せいぜいサバンナでライオンに追いかけられたときの短時間の全力ダッシュくらいかと。

食事完璧に制御したら、何もいらないですし無理な運動は自然の摂理に反しています。筋トレくらいですかね。

 

Q:ランニング後、衝撃の数値!リブレ初の数値を叩き出しました。なんで? でも、ステーキこんもり食べて6キロ弱走ったら朝より痩せてた。これは嬉しい

ランニングは体に悪いです。アドレナリン、コルチゾールによって血糖値があがりますので見なくても血糖値があがるのはわかりますが念のためみせてください。血糖値が低下するという根拠はなんです?

はい!予想通り。アドレナリンとコルチゾールが血糖値をあげる。さらに悪いこと。運動したストレスで出るコルチゾールは、満腹ホルモンのレプチンを邪魔し食欲が増す、また脂肪の合成を促進する。

だから、ランニングをすることは結果的にダイエットに悪い。広く有酸素運動は体に良くない。

 

 




-ダイエット, 健康
-,

Copyright© びびあんジャーナル , 2018 All Rights Reserved.