ダイエット

バターコーヒーでダイエット! LDL CHO の数値が正常化した芸人コーヒールンバ平岡佐智男氏

更新日:

バターコーヒーはダイエットやコレステロール値を下げる

スポンサーリンク

 

松竹芸能・コーヒールンバ平岡佐智男さんという方を、ご存じですか。

2017年に「バターコーヒー減量宣言」をして、無事1年で20キロ減量に成功した方です。

 

ビフォアフターがこちら(2018年12月24日現在)

日付 体重
2018年1月17日 85.1キロ
2018年12月23日 64.8キロ

運動なし。糖質制限とバターコーヒーで23キロの減量に成功してます。

 

早速、気になるバターコーヒーについて調べてみました。

バターコーヒーダイエットは悪玉コレステロール値も正常化する?

コーヒールンバ平岡佐智男さんは元タリーズの店長。

コーヒーにとても詳しいです。ある時、こちらの記事に注目しました。

 

▷【バターコーヒーダイエット】血液検査でコレステロール−104で正常化!!

 

もともとLDL CHOという動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの値が200超え。

正常値が70〜139なので高いですよね。

それが、約3ヶ月後にはLDL CHOの数値が99の正常値になったとか。

 

twitterなどで情報収集すると、糖質制限とバターコーヒーは相性が良いようです。

味も良いという話が多いので試してみようと思いました。

 

バターコーヒーの材料

バターコーヒーの材料はシンプルに3つだけです。

  • コーヒー
  • 無塩バター
  • MCTオイル

 

コーヒー

まずはコーヒー。お好みのコーヒー豆で美味しい温かいコーヒーを淹れます。

プラスチックより金属フィルターがおすすめ。

 

 

グラスフェッドバター

続いて、牧草のみを食べて育った牛から作った無塩バターを用意します。

これを「グラスフェッドバター」と言って、コーヒー1杯につき 10g 使います。

 

手に入らなければ、スーパーで売っている無塩バターでもよいです。

「グラスフェッドバター」はオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率が最も優れていて、ビタミンKの優れた供給源になってあるそう。

 

心臓病のリスクを減らすという研究もあり、ケトンを生産するのを助けるため、ダイエットに効果的と言われています。

この機会に試したいですね。

 

 

MCTオイル

最後にMCTオイル。中鎖脂肪酸100%のオイルのことで、コーヒー1杯につき 10㏄ ~ 15cc 使います。

 

お腹がゆるくなりやすいので、慣れるまでは 5cc ぐらいから始めましょう。

 

スーパーでも手に入りますが、「グラスフェッドバター」とセットで販売している通販サイトもあります。

 

 

バターコーヒーを作るにはミキサーかブレンダーがいる

バターコーヒーは、単純にコーヒーを口に含んで、バターをかじっても効果がないそうです。

 

バターコーヒーのオイル分をよく混ぜ、乳化させることで美味しくなり、体に良い効果が生まれます。

ミキサーやハンドブレンダーは必需品ですね。

 

100円ショップでカプチーノのミルクを泡立てるミキサーを売ってます。

最初はそれで良いと使ってみましたが、すぐ壊れました・・・

 

そんなことなら1000円くらいで買えるカリタのちゃんとしたミキサーにした方がよいです。

 

バターコーヒーの作り方

1.バターコーヒーを作る時、最初にコーヒーMTCオイルを入れてよく混ぜます。

2.次にグラスフェッドバターを入れてしっかり混ぜます。

 

クリーミーなラテのようになるまで、20〜30秒間ハンドブレンダーでよく混ぜ、上に泡ができたら出来上がり。

 

バターコーヒーはいつ飲めばいい?

バターコーヒーは一日のうちで、朝に飲むのが理想的。

 

なぜならバターは腹持ちがよいから。

不思議とお腹がすかなくなるので、食べる量が減る。

結果、気がつけば痩せていたというわけです。

 

ダイエットできるからと言って一日に何杯も飲むと、MTCオイルのせいでお腹がゆるくなります。

MTCオイルは少量づつ試しましょう。

 

バターコーヒーのカロリーは?糖質は?

バターコーヒーのカロリーは141calくらい。

糖質はコーヒーの糖質分1.1g。

 

参照イートスマート

バターの栄養素

エネルギー 141cal
タンパク質 0.3g
脂質 14.6g
炭水化物 1.1g
糖質 1.1g
食物繊維 0

 

バターコーヒーの味は美味しい?脂っぽくない?

バターコーヒーは、「グラスフェッドバター」と「MCTオイル」2種類の脂質を使っているので、ベタベタと脂っぽい味がしそうですよね。

 

ところがけっこう美味しいです。

ベタベタの脂というより、ふわっとクリーミーなコクのあるカプチーノのよう。

ほんのりバターの風味が香ります。

 

バターコーヒーを作るのは面倒だったらファミリーマートのライザップ・バターコーヒーがよいですね。

 

ただし、ライザップバターコーヒーは、脂質が分離しないよう乳化剤が入っています。

 

 

グラフェットバターがよい理由

バターはスーパーで手にはいる雪印や四つ葉の無塩バターでもよいですが、できれば「グラスフェッドバター」がおすすめ。

 

ほとんどの牛はトウモロコシや大豆を飼料としていますが、適切に消化することができないと考えられています。

 

ひと昔前、世界中に黒い影を落とした肉骨粉や狂牛病は、牛の飼料の原料め人間が病気になるという事件でした。

 

そして、トウモロコシや大豆で育つ牛のミルクは、人間の身体に必要のない種類の脂肪を作り出します。

 

一方、牧草で育てられた牛は一般的に最高の牛乳と牛肉を生産すると言います。

その牛乳から作られたバターも同じくらい良い製品になります。

 

バターコーヒーと糖質制限はベストカップル

バターコーヒーダイエットをご紹介しましたが、ダイエットの基本は糖質制限だと考えています。

 

お米、小麦粉、お菓子はもちろんのこと、果物も大量摂取は控えた方が、やせる結果が出やすい傾向にあります。

 

バターコーヒーは、糖質制限で不足するエネルギーを補うと考えた方がよいのです。

 

しかし、バターコーヒーを飲んでいれば安心。楽にダイエットできるというわけではありません。

 

午前中にバターコーヒーを楽しむと脂肪がふえて、長時間、満腹感が持続します。

そのため自然と食事量が少なくなり、自然とやせていきます。

 

ダイエットできる上に悪玉コレステロール値も正常に戻るなら、うれしいですね。

 

Copyright© びびあんジャーナル , 2019 All Rights Reserved.